undefined

須賀川市内店舗兼住宅 左官工事

また期間が開いての更新となりましたが、しれっといきます(笑)

店舗兼住宅築工事現場での左官工事のご紹介です。


今回はファサードの外壁にジョリパットを、ルナアエスというパターンで施工しました。ルナアエス・・・聞いたことない・・・どんなん?

見本と施工マニュアルを取り寄せてみました。

こちらはなんと洗い出し仕上げ。ジョリパットでの洗い出しは初めてだな。

なんか不安(;´∀`)

まずは骨材を規定量準備して。

ジョリパットの写真を撮り忘れましたが・・・ジョリパットとよーく混ぜて。

ここ大事。

混ざったかな。

下塗りは済ませてあるので、早速塗ります。

廻りの養生もしっかりと行います。こことても大事。

塗り終わった面をハケで洗います。混ぜた骨材が表面に浮き出るように洗います。

表面に残る洗い水をローラーで吸い取ります。ローラーの跡がつかないよう丁寧に。なおかつローラーを一定方向ではなくランダムに動かし、ローラー跡が目立たないように気を付けます。

塗る人と洗う人、役割を分けて進めていきます。塗る人は煽られてます(笑)

この日の天気はは曇りでしたが風がそこそこ吹いており、風で表面が乾いてしまわないか気にしながらの施工でした。左官工事の湿式工法は気温・湿度・日当たり・風などに仕上がりが左右されやすく、いつも天気予報チェックは欠かせません。

施工完了。表面が乾けばもっとコントラストがはっきりします。

建物正面。店舗の入り口になります。

初めて施工した仕上げパターンでしたが、メーカー様のご協力もあり良い仕上がりで収めることができました。

とても面白いパターンですので、近いうちにまた施工の機会を設けたいと思います。


左官の技術があるからこそ表現できるテクスチャー。

まだまだ左官の世界は可能性を秘めていると思います。

これからも左官の魅力を多くの皆様にご提供し、なおかつ喜んで頂けるよう日々精進してまいります。



福島県郡山市で空調設備や給排水設備などの管工事、また左官工事を手掛けている有限会社マツモト工業です。郡山市に密着するからこそのスピードと、創業50年以上の高いスキル、ノウハウで施工をします。また現在、求人を募集中です。